食あたりの症状が出た時の薬の使い方には注意が必要

細菌が付着した食品を食べると体内で増殖や毒素をだし食あたりの症状が出る事があります。
春から夏の季節に多く、食品を扱う時は殺菌や洗浄に気を付ける事が重要になります。
菌やウィルスは色々な物が存在していて、種類や量により潜伏期間も症状も違います。
症状は主に腹痛、嘔吐、下痢、発熱が多く、高齢者や小さい子供、抵抗力の少ない時は重症化する事もあり注意が必要です。
出血性大腸菌は潜伏期間が比較的長く、サルモネラ菌などでは数時間で発症します。
食あたりのほとんどは細菌によるものが多く加熱殺菌などによる予防が重要です。
魚介類などは流水で良く洗ってから調理をしましょう。
黄色ブドウ球菌は人に付着しているので手指を良く洗う事が大事です。
また、手に傷がある場合は注意しましょう。
発症した場合は脱水症状になる事があるので適切な水分補給をし喉に物が詰まらないように気を付けます。
嘔吐や下痢などは体内の毒素や菌を出す症状です。
菌を出し切る事が改善するために必要ですので薬などを使う場合は医療機関に聞くことも良いでしょう。